Habitica Wiki JP
Advertisement
Habitica Wiki JP

このページに日課の例がいくつかあります。ご自分のを考えるときに参考にしませんか?

ビジネス

特にビジネスを目的とした日課の例です。


Check task.svg

受信箱を処理する

Streak icon.svg
1




デスクを片付ける

Streak icon.svg
0




プロジェクト・ゼロを1時間

Streak icon.svg
0




フォローアップレターを5通送る

Streak icon.svg
0




トラッキングシートを更新する

Streak icon.svg
1




フィットネス

こんな日課は、運動と健康の目標に取り組む気を出して、「がんばる!」気持ちにさせてくれます。


1時間のウェイトトレーニング(日火木)

Streak icon.svg
0




30分のヨガ/ジム

Streak icon.svg
2




健康的な晩ご飯を作る

Streak icon.svg
7




1時間の有酸素運動(月水金)

Streak icon.svg
0




健康

総合的に健康を増やしたり、維持したりできる日課もあります。


7:30 起きる

Streak icon.svg
5




朝ご飯を食べる

Streak icon.svg
0




22:30 寝る

Streak icon.svg
0




水を6杯飲む

Streak icon.svg
0




歯を磨いて、髪の毛をとかす

Streak icon.svg
8




家事

この日課の例は、我が家の掃除と管理にかかわるものです。


洗濯(月水金)

Streak icon.svg
0




犬のえさ

Streak icon.svg
0




皿洗い

Streak icon.svg
0




1部屋で掃除機をかける

Streak icon.svg
0




1部屋を掃除する

Streak icon.svg
0




教育と知的フィットネス

この日課の例は、勉強、脳トレ、記憶力に関するものです。


1時間の勉強

Streak icon.svg
0




18:00までに宿題を終わらせる

Streak icon.svg
0




単語カードを50枚復習する

Streak icon.svg
3




コースワークで1章を完了する

Streak icon.svg
0




10分の脳トレ (なぞなぞ、クイズなど)

Streak icon.svg
10




Check task.svg

新しいケータイ番号は?

Streak icon.svg
0




最後の例のように、日課を大事なことを記憶するための単語カードのようにも使えます。(答えを見ないで質問に正しく答えたら、チェックを入れるというやり方です。)答えを日課のメモに入れることができますが、日課がチャレンジになっていれば、ほかのHabiticaの民にもメモが見えますので、ご注意ください。

すぐに得られる助け

このような日課はすぐに役に立って、そのおかげでほかの選択が楽になって、安心できたとキャンプ場で言われました。


晩ご飯を何にするかを決める

Streak icon.svg
2




薬を呑む

Streak icon.svg
0




今日の日程を考える

Streak icon.svg
0




2分間力強いポーズをとる

Streak icon.svg
0




邪魔されないで子どもと遊ぶ

Streak icon.svg
12




Check task.svg

Habiticaをチェックする

Streak icon.svg
0




社会性

この日課の例は、人との交流に関しているもので、つながりを保つことに役に立ちます。


友達に電話・メール

Streak icon.svg
0




グループ会議に出席(火水金)

Streak icon.svg
0




個人のSNSを更新

Streak icon.svg
8




人に直接挨拶する

Streak icon.svg
0




犬をドッグパークに連れて行く(月木土)

Streak icon.svg
0




誰かにその人がなんで大切な人なのかを伝える

Streak icon.svg
5




一般的ヒント

日課リスト.jpg

日課は、Habiticaで繰り返されるタスクを指します。つまり、毎日か、定期的か、毎週の決まった曜日に片付けなければいけないようなタスクです。日課To Do習慣とで違いがありますが、あるタスクを日課にするのに、普通は下の条件を満たす必要があります。

  1. タスクを予定に入れることができる
  2. タスクは定期的に繰り返し発生する(毎日、○○日おき、毎週の決まった曜日など)
  3. タスクは測定できるゴールがあって、チェックを入れれば次回まで気にしなくてもいい

最初に日課を作るのも、タスクの名前を考えなくてはならないことがよくありますから面倒でしょう。タスクの名前は、目的を明らかにすることは当然ですが、達成の目安を示して、エンターテインメント性もある程度持っているのは理想です。日課の詳細設定を変えて、必要な日だけにタスクがアクティブになるようにできます(でもアクティブでなくても、完了してチェックを入れることもいいですよ)。

人生のいろいろな場面で使える日課の例がに書いてあります。

関連項目

Advertisement